スマホの広告市場の伸びはやっぱり凄い!

 - 

 -  >

 -  ブログ, メディア

ziteを見ていたら、アメリカの広告市場に関するレポートがありましたので、それに関連して書きます。

まずそのレポートのグラフです。

 

NewImage

NewImage

NewImage

NewImage

Total US Ad Spending to See Largest Increase Since 2004 – eMarketerより)

 

他のレポートと微妙に数字が違うものがありますが、やはりデジタル広告市場の伸びが凄いですね。

広告市場の伸びは実質デジタル広告市場の伸びによるものとほぼ同義になっています。

 

また、デジタル広告の伸びもこれを見る限りデスクトップの広告の伸びは既に頭打ちになっていて、ほとんどの伸びがモバイルによる伸びです。モバイル広告市場の伸び率は下がってはいますが、まだまだ伸び率は高いです。

そして、デジタル広告市場のシェアは独占とは言えませんが、Googleがダントツの一位です。

 

 

日本の広告費

NewImage

NewImage

2013年「日本の広告費」、1.4%増の5兆9762億円 2年連続で増加 #宣伝会議 | AdverTimes(アドタイ)より)

 

日本の場合も同様に伸びているのは、インターネット市場のみです。

この元データになっている、電通が出している日本の広告費というレポートにデバイスについての詳細は書かれていないので、別のデータを見ます。

NewImage

急成長するモバイル広告市場――『2013 日本の広告費』に見る、日本の広告市場の今後|宝珠山卓志 モバイルフロンティアを駆け抜けろ!|ダイヤモンド・オンラインより)

 

こちらを見ると、やはりスマホによる広告市場の伸び率がとてつもなく高いですね。

 

 

ブロガーはどう対応するべき?

もう当然のようなことですが、このスマホ化の流れに対応して、サイトのスマホの最適化に取り組まなければなりません。

ブロガーはこのスマホ化の流れに対抗することは基本的に不可能です。まあどんな企業でもほぼ不可能ですが。

 

デザインの最適化は当然のこととしても、スマホのアドセンスとかによる収入は基本的に激安です。

自分のアドセンスはスマホの方がCTRはいいのですが、収益は断然PCの方がいいです。(スマホの場合は誤クリックの可能性も高そうですし。)

 

スマホ化は避けられない、けどスマホのアドセンスは安い、そうするとやっぱりアドセンスに頼らない収益を探すしかありません。

サロン的なもの、ブランドコンテンツなどのネイティブ広告、有料メルマガやnote、アフィリエイト収入、このあたりが一般的に考えられる収入方法でしょうか?

アフィリエイトは同時並行的に誰もがやっていることでしょうが、他のものはある程度の実績を持っている人じゃないと難しいと思われます。

 

これを考えると、一般人はブログによって収入を得るということはどんどん難しくなっていきそうですね。

 

 

関連記事はこちら。

Total US Ad Spending to See Largest Increase Since 2004 – eMarketer
ついに米国のインターネット広告市場がテレビを上回った:歴史的な1枚のグラフと2つのポイント | THE NEW CLASSIC [ニュークラシック]
2013年「日本の広告費」、1.4%増の5兆9762億円 2年連続で増加 #宣伝会議 | AdverTimes(アドタイ)
急成長するモバイル広告市場――『2013 日本の広告費』に見る、日本の広告市場の今後|宝珠山卓志 モバイルフロンティアを駆け抜けろ!|ダイヤモンド・オンライン
2013年のスマートフォン広告の市場規模は? ~2013年通期(1~12月)~ ※D2C独自調査 | D2Cスマイル

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

はてなブックマークに追加

 更新をチェックする! follow us in feedly

カスタム検索

Popular Post

Copyright© 新卒フリーランサーのブログ!2014 All Rights Reserved.