めちゃくちゃ簡単にwordpressの読込速度を速くする方法!

 - 

 -  >

 -  ブログ

このサイトはワードプレスで作成していて、Googleウェブマスターにもサイトが重いよと言われていたので、サイトの重さを何とかしたいなと思っていたら簡単に直す方法がありました。

最初はGoogleウェブマスターにCSSの改善やら、何やらとか言われても改善方法が全くわけがわかりませんでした。

 

そしてこのブログを見たら超簡単にできると書いてあって、実践してみたら本当に簡単に軽くなりました。

WordPress高速化|1秒前半で表示する誰でもできる簡単な方法

また後半のキャッシュの改善はチャレンジしてたら、とんでもないことになりました。

キャッシュ系のプラグインには気をつけろ!! | Kobayashi Blog

 

この中の二つを実践してみたら、このように読み込み速度が改善されました。

読み込み速度はGTmetrix | Website Speed and Performance Optimizationで調べることが出来ます。

 

スクリーンショット 2014 05 06 17 03 53 スクリーンショット 2014 05 06 17 03 32 スクリーンショット 2014 05 06 17 08 12

 

画像を軽くするプラグインEWWW Image Optimizer

まずはEWWW Image Optimizerというプラグインを導入することで、簡単に画像を軽くすることができました。

これを導入したことで、ページスピードがCからBに一気に上がることが出来ました。

 

使い方も簡単で、まずはインストールして有効化したら、二つのチェックを入れるだけです。そうすることで今後の投稿する画像が軽くなるようです。

NewImage

NewImage

次に行うのは、これまで投稿した画像を軽くすることです。

それも簡単で、この画像のように行うだけです。

ただし画像数が多ければ、時間が少しかかります。

NewImage 

 

 

CSSを軽くするプラグインHead Cleaner

もう一つがHead Cleanerというプラグインの導入です。

こちらは大きな改善にはなりませんでしたが、1%だけ読み込みが速くなりました。

こちらも設定は簡単で、インストール後このように設定するだけです。

(プラグインの組み合わせにより上手く設定が反映されない場合もあるらしいので、詳しくはこちらをご覧下さい。WordPress高速化|1秒前半で表示する誰でもできる簡単な方法

NewImage

 

 

CSSの改善は自分のサイトには、あまり多きな影響がなかったようですが、画像を軽くすることは多くのサイトでいい影響があるはずですので、是非この方法を試してみて下さい。

 

また最近はスマホで見る人も多いので、すぐにページが表示されることはとても重要ですし、ページの軽さはSEOにも大きな影響を与えるようなので、是非これを機会にサイトをスピードの改善をしてみましょう。

 

関連記事はこちら。

WordPress高速化|1秒前半で表示する誰でもできる簡単な方法
えっ!プラグイン重すぎっ!?ブログ表示速度を高速化したいなら「P3」は必須だ!| らふらく^^ ~ブログで飯を食う~

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

はてなブックマークに追加

 更新をチェックする! follow us in feedly

カスタム検索

Popular Post

Copyright© 新卒フリーランサーのブログ!2014 All Rights Reserved.