クラウドファンディングとイノベーション

 - 

 -  >

 -  海外記事 ,

Reward Crowdfunding, Equity Crowdfunding and Innovation

「クラウドファンディングとイノベーション」という記事の翻訳です。

多くのイノベーションがプロトタイプを作ったり、市場を獲得する前に資金不足のために実現せずにいる。

クラウドファンディングはそのギャップを埋める架け橋である。

購入型と貸付型の多くのアイディアはイノベーターとその支援者がクラウドファンディングで新しいプロジェクトの資金集めに使っている。
イノベーターや広告者はプロジェクトが時間内に成功するように、知り合いにプロジェクトを広めている。
多くのプロジェクトは期間内に資金調達を行わなればならないという縛りがある。
寄付型・購入型・貸付型いずれのクラウドファンディングも共感によって成否が分かれる。

最近のindiegogoのプレゼンテーションによると、購入型クラウドファンディングで成功しているプロジェクトには幾つかの特徴がある。
1.市場を作ること
猫カフェのオープンをしたかった実行者はオープンのために10800£が必要だったが、十分な関心があるかかわからなかった。
訪問者はキックバックを得る機会を持ち、猫のような安らぎを与えてくれる友と安らかな時間を過ごすことができる。そのキャンペーンは2ヶ月で109510£を集めることに成功した。
2.市場を試すこと
Canaryはスマートホームのセキュリティーデバイスで、HDカメラに様々なセンサーが付いた唯一のデバイスで、動き・気温・湿度・振動・音などの全てを記録しあなたの家族・家の安全を守るというデバイスです。
そしてCanaryはクラウドファンディングでキャンペーンを行い、先行セールを行い10万ドルを目標に販売をしていましたが、190万ドル販売し7000個以上を販売することに成功しました。
3.広告を得ること
よく販売数が市場だったり、あなたの認知度によって制限されることがある。トンボのロボットを例に考えてみます。
トンボのロボットは20名以上の世界中の研究者・学者・学生によるジョージテクノロジー研究所によって開発がされました。
クラウドファンディングを通して、彼らは110万ドル以上と3200人の顧客を集めることに成功しました。
4.データを集めること
Scanadu Scoutは老人に対して体の調子の情報をスマートフォンでいつでもどこでも見れるようにするサービスを行っています。
プロモーターはクラウドファンディングを使い顧客のターゲットを設定したが、支援者は支援者によってデータが生み出され世界中の医療界の人から興味・重大な資金を集められていること。

貸付型クラウドファンディングもまた成功事例が出始めているところである。
ではたくさんの商品・サービスがあるプラットフォームで、実際に1680万ドル集まっている。

今やクラウドファンディングによるイノベーションの事例は世界中にありますが
このような動きはまだ始まったばかりです。

クラウドファンディングは個人が共感によって資金を集めることができる仕組みなので
クラウドファンディングにより様々なイノベーションの事例は今後増えていくでしょう。

日本でも育て上げネット工藤啓さんがReady For?で80万円以上を調達し
若者無業白書を完成させています。
他にもシャンティー国際ボランティア協議会が震災復興で800万以上を集めたり
Just Giving経由の寄付が10億円を超えていたりと
クラウドファンディング業界の伸びはとても大きいです。
NPO関連だけではなく、クリエイター向けなど様々なプラットフォームが現れています。

まだまだ日本の動きはマクロ的に見るととても小さいので、
今後クラウドファンディングを通してどのような素晴らしいイノベーションが生まれてくるか楽しみですね。

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

はてなブックマークに追加

 更新をチェックする! follow us in feedly

カスタム検索

Popular Post

Copyright© 新卒フリーランサーのブログ!2013 All Rights Reserved.