CSVはCSRを超克する概念??

 - 

 -  >

 -  CSR・CSV, 海外記事 ,

CSV(creating shared value)共通価値の創造という概念が競争戦略論で有名なマイケルポーターによって提唱されました。

そして日本の企業ではCSV報告書を出す企業も少し出てきているように、CSVがとても流行っています。

実際にネスレやキリンが出していますね。

共通価値の創造報告書

CSV活動|キリン

ハーバードビジネスレビューに掲載されたポーターとクラマー合作のCSVに関する論文をもとにCSVとCSRについて考えてみます。

・共通価値とは企業が事業を営む地域社会の経済条件や社会譲許を改善しながら自らの競争力を高める方針とその実行である
・価値とは、便益だけではなく、コストと比べた便益である
・共通価値を創造する3つの方法

①製品と市場を見直す
②バリューチェーンの生産性を再定義する
③企業が拠点を置く地域を支援するクラスターを形成する

・製品と市場をを見直すためには
→企業は自社製品によって解決できる社会的ニーズを見つけなければならない
→社会的ニーズを探し続けることで、市場において差別化・リボジショニングのチャンスを見出し、また新市場発見のチャンスにもなる

image001

 

 

 

そして論文の書き方の問題ですが、CSRに対する考え方が結構古くて上手く二項対立的にしてCSVの凄さを目立たせていますね。
実際にはCSRが経営企画室に組み込まれることも増えてきていますし、CSRは競争に不可欠であるという人も出てきています。

その為内容としては、CSVもCSRも大きな差はないというのが自分の実感です。

しかし考えの起点には大きな差があると思います。
CSVは競争から始まり、社会的課題を解決する。競争戦略論のポーターらしい考えです。
CSRは社会的課題を解決することが、利益にもつながる。表で価値は善行とありましたが、善行から始まることがCSRということです。

つまりCSVは競争戦略・マーケティングの一種という風にも見ることができます。
CSVは確かにわかりやすいですし、企業が導入しやすいということはよおくわかるのですが、マーケティングの一種である以上CSVでは解決できない漏れてしまう社会的課題がたくさんあると思います。

多くの企業には事業でCSVの考えを取り入れつつ、CSRの善行・フィランソロピーも忘れずに行うようにして欲しいですね。
そうすることで多くの社会的課題の解決が進んでいくと思います。

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

はてなブックマークに追加

 更新をチェックする! follow us in feedly

カスタム検索

Popular Post

Copyright© 新卒フリーランサーのブログ!2013 All Rights Reserved.